日本茶・お茶の通販 ホーム>第72回関西茶品評会受賞茶特集  
第72回関西茶品評会受賞茶特集

第72回関西茶品評会 受賞茶特集

第71回関西茶品評会入賞茶 手摘み煎茶

本品は令和元年9月5日、京都府城陽市のJA全農協京都茶市場にて行われた第72回関西茶品評会深蒸し煎茶部門にて、日本茶業中央会長賞受賞の高い評価を得た一等受賞茶です。
本年は、深蒸し煎茶は54出品され、当社は入賞茶を28年連続落札致しました。
三重県松坂市中角製茶 中角徹氏が手塩にかけて生産した、やや火入れの強いぷ〜んとする茶の香り、濃厚なこくと甘みのある茶です。

品評会出品茶は生産家の名誉をかけて、特別の配慮の元に、土作りから始まります。土に有機肥料を入れて2年、土が豊かになるのを見計らって挿し木をします。その後約3年茶の木を慈しみ育て、伸び盛りの若芽となった年に初めて摘まれます。日本茶は鮮度を大切にします。ベテランの手摘み人が十数人で短時間で摘み、すぐに蒸され、手もみ名人によって手揉みしながら乾燥されます。

その茶は、香り、形状、滋味、水色の4点から審査されます。満点は200点。本品は4点ともに最高位点(198点)の茶です。
75度位の湯温で抽出してください。昔ながらの黄金色、甘く濃いあとくち、ぷんとする爽やかな茶の香り、ほんの一口で満足感が広がります。
喫茶の至福ここにあり。

茶葉

第72回関西茶品評会入賞茶 手摘み煎茶

本品は令和元年9月5日、京都府城陽市のJA全農協京都茶市場にて行われた第72回関西茶品評会手摘み煎茶部門にて、1等入賞の高い評価を得た一等受賞茶です。
本年は、手摘み煎茶は196出品され、当社は入賞茶を28年連続落札致しました。
京都府相楽郡和束町 釜塚茶研究会 田中洋平氏が手塩にかけて生産した、爽やかな茶の香り、濃厚なこくと甘みのある茶です。

品評会出品茶は生産家の名誉をかけて、特別の配慮の元に、土作りから始まります。土に有機肥料を入れて2年、土が豊かになるのを見計らって挿し木をします。その後約3年茶の木を慈しみ育て、伸び盛りの若芽となった年に初めて摘まれます。日本茶は鮮度を大切にします。ベテランの手摘み人が十数人で短時間で摘み、すぐに蒸され、手もみ名人によって手揉みしながら乾燥されます。

その茶は、香り、形状、滋味、水色の4点から審査されます。満点は200点。本品は4点ともに高位点(180点)の茶です。
70度位の湯温で抽出してください。昔ながらの黄金色、甘く濃いあとくち、ぷんとする爽やかな茶の香り、ほんの一口で満足感が広がります。
喫茶の至福ここにあり。

茶葉
品評会入賞茶 いれ方
1) 深蒸し茶の場合
湯呑茶碗にポットから湯を注ぎ茶碗が温まったら、ほぼ80℃位になります。
急須に5グラムの茶葉を入れて、湯温の下がった湯を急須にいれて40秒経ったら湯呑に注ぎます。
うま味のある色鮮やかな深蒸し茶が頂けます。
1) 手摘み煎茶・ 手摘み玉露・かぶせの場合
湯呑茶碗にポットから湯を注ぎ茶碗が温まったら、2個目の湯のみにいれかえ、これを繰り返すと3回目で60度くらいに下がります。
急須に7gの茶葉を入れて先程の湯を注ぎ1分とどめ置きます。
葉が開いたなと見えたら、湯呑に注ぎます。水色は昔ながらの黄金いろ、品評会茶ならではの旨み、後くちの濃厚さは素晴らしくおいしい!
これぞ品評会茶!

お茶・日本茶の通販なら冠城園

メール サイトマップ プライバシーポリシー 免責事項